グループ分けでテストするニコレットの効果

タバコを吸うと言う事には様々な害があるという事はほとんどの人が理解していることです。しかしそれでもタバコ止めることができない人も大勢います。この背景にはタバコに含まれるニコチンに依存性があるということが関係しており、人によっては子の依存性から抜け出すことが難しいケースも存在しています。やめようと言う思いがあっても止められない人に対しては、病院での禁煙治療が推奨されます。禁煙治療の中ではタバコを吸わなくても済むような様々な工夫が行われますので、本気で禁煙を考えているのであればいちど相談してみるのがオススメできます。
そのような禁煙治療の場での選択肢の1つがニコレットと呼ばれる禁煙のために使用するガムです。そのガムはニコチンガムと呼ばれる種類のものであり、噛むことによってニコチンを摂取することができます。このガムの価値はタバコを吸わずに我慢することができると言う効果にあります。禁煙をしようと志した人を二つのグループに分け、片方のグループにニコレットを使用させた場合、ニコレットによって上手にニコチンをコントロールすることができたグループの方が最終的にタバコを手放すことができたと言う報告も存在しています。このように数々の比較テストを繰り返してきたのが禁煙治療で利用されているニコチンガムであるニコレットなのです。
このニコレットは禁煙外来を行っている病院で処方受けることもできますが、街中のドラッグストアで入手することもできます。使用場の注意がある禁煙補助薬になりますので、禁煙を目的として使用するのであればいちどはしっかりとした説明を受けるべきであると言えるでしょう。間違った使い方にはリスクがありますのでしっかり説明を受けるのが大切です。

急に完全な禁煙を開始しようとしても常習的な喫煙を継続した場合、大なり小なりニコチン依存になっている可能性があります。ニコレットは噛むことでニコチンが放出されて禁煙の手助けになる効果が期待できます。

ページの先頭へ戻る