ニコレットをかみながアルコールを飲んだ時の影響

煙草にはニコチンが含まれています。煙草を吸うと、肺に煙とともに入ったニコチンが血液中に吸収され、脳内のニコチン受容体に届き、この受容体と結びつくことでドパミンと言う物質が出てきます。ドパミンが出て来ると、人は気持ちが良くなり、また煙草を吸って気持ちよくなりたいと思って、たばこを手にします。これを繰り返すことで、ニコチン依存症となっているのです。
ニコチン依存症となって、そこから脱却するには、たばこを吸いたくなったら禁煙ガム(ニコチンを含んだガムで、例えばニコレットと言うのが市販されています)を噛み、煙草のニコチンの代わりにニコチン受容体と結びつくニコチンをガムで補給するのです。
そうすることで、禁煙の離脱症状のイライラ、不安、身体がだるい、眠いなどの症状を味わう事なく楽に禁煙が出来るのです。
ニコレットの使用量を少しづつ減らしてゆき、1日1~2個になったら、ガムをかむのを止めましょう。
ガムを止めるのは3カ月を目処としましょう。
その時、身体はニコチンへの依存症を脱却していますから、禁煙が出来るのです。
人は時にはアルコールを飲みながら煙草を吸うときがあります。禁煙を志した場合、アルコールを飲んでいると、気が緩み煙草に手を出さないとは限りません。そんな時はニコレットを噛んでください。お酒を飲もうと思ったなら、ニコレットをいつも持っている事をお勧めします。
ただ、大切な事はニコレットを噛みながら、アルコールは飲まないでください。ニコレットガムを噛みながらアルコールを飲むと放出されたニコチンが胃に流されてしまう事があります。
また、アルコールは酸性飲料ですので、ニコチンの吸収に影響を与え、ニコレットの効果を弱めてしまう事があります。

急に完全な禁煙を開始しようとしても常習的な喫煙を継続した場合、大なり小なりニコチン依存になっている可能性があります。ニコレットは噛むことでニコチンが放出されて禁煙の手助けになる効果が期待できます。

ページの先頭へ戻る