日本での禁煙方法のマルマン禁煙パイポとニコレット

 たばこの禁煙を考えた場合に、日本では広く普及されている方法としてマルマンが出している禁煙パイポと、ニコチンの代替摂取を目的としたガムのニコレットがあります。
 禁煙パイポは、マルマンが販売している禁煙グッズで、仕組みとしてはたばこを模したパイプのフィルター部分に香料を仕込んでおり、これを吸うことで喫煙したい衝動を紛らわせることができる。さらに、パイプをくわえることで口寂しさを無くし、無意識に口唇がたばこを欲する動作抑えることができます。また、近年では電子たばこ型の製品も販売されています。電子パイポと名づけられたこの製品では、フィルターに含まれる香料の代わりに、香料入りの液体を加熱してその蒸気を吸引します。電子たばこは一時期発がん性物質の有無が取り上げられていましたが、禁煙パイポではその問題はありません。現在では、香料を摂取する効果によって禁煙以外にも利用されていて、ストレスを和らげる目的のリラックスパイポや、妊婦の精神的なストレスを緩和する目的のマタニティパイポや、花粉症時の不快感を解消する目的としたパイポなど、広く展開されています。
 ニコレットは、ニコチンを含むガム製品で、適量を摂取していくことで禁煙に際して起きる解脱症状であるイライラや不快感を緩和し、禁煙をサポートします。さらに近年では、医療費補助の制度も確立し始めており、医療機関にある禁煙外来をたずね、医師の指導の元ニコレットを服用することで、費用補助の申請ができるようなってきました。製品の特徴として、解脱症状を穏やかにする性質はあるの、たばこ自体の嫌悪感を増幅する作用はありません。また、ニコチンの意図的な摂取を行うため、もともとたばこを吸わない人や小児にとっては悪影響のある危険性があります。

急に完全な禁煙を開始しようとしても常習的な喫煙を継続した場合、大なり小なりニコチン依存になっている可能性があります。ニコレットは噛むことでニコチンが放出されて禁煙の手助けになる効果が期待できます。

ページの先頭へ戻る