禁煙の治療法とニコレットの表示について

近年になって禁煙治療と言う言葉が多く使われるようになってきています。自分の意思だけではなかなか止めることができない喫煙習慣ですが、最近では禁煙をサポートする禁煙補助薬は数多く登場しています。ニコチンガムの1種であるニコレットもそのうちの1つです。このニコレットはいわゆるガムですのでなんとなくわかるような気がする人も少なくありませんが、実際にはニコチンを含有した特殊なガムです。使用する際にはそれ相応の注意事項がありますので注意しなければなりません。
ニコレットの表示にもありますが、ニコチンガムの使い方は通常のガムとは少し異なります。軽く噛んだ後は頰の裏側にくっつけておいておくような感じで使用します。このように使うことでニコチンが適度に摂取することができるというのが特徴です。禁煙治療に使うということからニコレットを噛むことによって禁煙につながると単純に考えてしまう人もいますが、ニコレットの役割はタバコに手を出さずに我慢をすると言う目的のために使用するものです。治療法としてガムを噛むことによって改善するわけでは無いのです。その点を誤解することなく、どうしてもタバコを吸いたくて我慢できない時に利用するものであると考えるようにしましょう。またニコチンガムを噛むと唾液の分泌が促進されるということがわかっています。この唾液にはガムが触れることにより大量のニコチンが含まれます。そのため飲み込んでしまうと喉や胃が荒れる原因になってしまいます。そのため飲み込まずに吐き出さなければいけないと言う注意事項についても理解しておく必要があるでしょう。このような注意事項はニコレットを使用する前に知っておくべきです。説明書きに表示もありますのでよく理解して使いましょう。

急に完全な禁煙を開始しようとしても常習的な喫煙を継続した場合、大なり小なりニコチン依存になっている可能性があります。ニコレットは噛むことでニコチンが放出されて禁煙の手助けになる効果が期待できます。

ページの先頭へ戻る